インタビュー/ありがクリニック

ありがクリニック 有我 隆光 院長

ありがクリニック有我 隆光 院長

医師を志されたきっかけと市が尾で開業されるまでの経緯について教えてください。

人の命を救う仕事に就きたい、と思ったのが大きな理由です。当時話題になった外科医を主人公にした医療ドラマの影響も、多少あったかもしれません(笑)。わたしの家族・親戚に医師はいませんでしたので、どのような職業か具体的な想像はつかなかったのですが、生涯をかけて取り組みたい仕事だと思いました。その中でも外科を選びました。現在のように医療分野のセグメント化が進んでおらず、大きな枠組みでは内科か外科という選択肢でした。外科を選んだのは、がん治療を担当したかったからです。当時はがん治療の主流が手術で、方法論も現在のように進んではいませんでしたので、亡くなる方が多かったのです。そこで手術の技術を磨いて一人でも多くの方の命を救えたらと思いました。

大学を卒業した1980年4月から1991年3月までは、母校である千葉大学の医局ならびにその関連病院に勤務し、さまざまな経験を積ませていただきました。そして縁あってお声がかかり、同年4月から横浜労災病院の立ち上げに携わらせていただきました。開院前でしたので、仕組みづくりに始まりさまざまな設備や薬剤をそろえなければなりません。気が付くと「ないもの」がたくさんあり、慌てて準備しました。いちから立ち上げにかかわりましたので大変でしたが、あのような経験をさせていただいたことは自分にとって大きな「糧」になっています。病院に勤務していた間は消化器外科と一般外科を担当し、さまざまな手術を行いました。特に消化器(胃、大腸など)と乳がんの手術、ならびに術後の合併症管理、再発治療、緩和治療、終末期治療などの経験が豊富です。

今年(2014年)の4月に、自宅に近い市が尾で独立開業しました。そろそろ地元に根を下ろし、地域医療に貢献したかったためです。

診療方針についてお聞かせください。

勤務医時代に培った高度な知識と技術を地域医療に活かしたいと考えています。診療項目を「外科・消化器内科」としましたのは、手術後の患者さんのケアができることを「強み」にしようと考えたためです。当院では放射線を使った抗ガン治療などはできませんが、手術ならびに術後治療の経験が豊富であることから、がんの再発や臓器癒着、合併症の有無をチェックできます。また機能が落ちた器官のケアや緩和治療にも取り組むことができますので、安心してお任せいただけたらと思います。予防の観点から健康診断のための設備も各種揃えましたので、当院である程度のスクリーニングができます。これも長年がん治療を担当してきたメリットです。がんは「早期発見」が肝要ですので、異変を感じられたらすぐに当院で検査を受けてください。今後は診療所同士の交流を図り、各種専門領域の先生方との連携も進めていきたいと思います。

診療項目の中に「局所麻酔で可能な小手術」とありました。具体的にはどのような手術ですか?

首の後ろに出来やすい粉瘤を代表とする皮膚のしこりはもちろん、乳腺の小さなしこりも簡単な手術で切除できます。乳腺の場合は事前に検査し、良性腫瘍かどうかを判断したうえで行います。もちろん悪性腫瘍で大掛かりな手術が必要になる場合は専門の病院をご紹介しますが、良性で大きくなりそうなものであれば日帰りで手術し、できるだけ患者さんのご負担が軽くなるような治療を心がけます。実は乳腺の検査で「異常」が見つかるのは、若い人の方が多いのです。なかなか気づきにくいとは思うのですが、もっと乳がん検診に関心を持っていただけたらと思います。

診察で心がけていることについて、教えてください。

まずはやさしく丁寧にご説明することです。特に手術前であれば、手術の時間より長く時間をとってご説明することもあります。と申しますのは、難しい治療であるほど話がわかりにくくなるためです。わたしたちが長年かけて勉強してきた内容を、たった数分で患者さんに理解していただくのは大変なことです。時には本筋から外れた質問をお受けすることもありますが、真摯に受け止め丁寧にお答えいたします。患者さんとわたしの間でイメージにズレが生じないような努力が必要なのです。
あとは、患者さんの生活習慣をチェックして適切なアドバイスをお出しすることです。せっかく手術で命が助かっても、悪しき慣習が治らなければ病気は再発してしまいます。

最後に地域のみなさまへのメッセージをお願いします。

医師はわたし1人ですが、明るく親切な看護師が2名常駐し真心をもってみなさまのお世話をさせていただきます。手術後すぐ退院し、健康に自信が持てない患者さんを万全の体制でサポートいたします。日常小さな異変やご不安をお感じになっている方々のお話も丁寧に伺い、健やかに生活していくためのお手伝いをさせていただきたいと考えています。
また、妻と娘が隣接する歯科医院で診察に当たっています。口や歯の健康は全身に及びますので、情報交換をしながらみなさまの健康管理をさせていただきたいと思います。特にご年配の方の場合、口がうまく機能せずに「誤嚥性肺炎」などの疾患を患われることがあります。予防のためのケア、かかってからのサポート手段も整えておりますので、どうかお気軽にお越しください。

※上記記事は2014.7に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

ありがクリニック 有我 隆光 院長

ありがクリニック TAKAMITSU ARIGA

ありがクリニック 有我 隆光 院長 TAKAMITSU ARIGA

  • 好きな本・愛読書: 医学書、料理本。開業してからは医療全般のほか、クリニック経営の本なども読んで勉強しています。
  • 好きな映画: 「スター・ウォーズ」シリーズ(1977年~、米ウォルト・ディズニー・カンパニー)。ほかに最新の映画もちょこちょこ見に行っています
  • 好きな言葉・座右の銘: 努力精進、切磋琢磨
  • 好きな音楽・アーティスト: クラシック音楽
  • 好きな場所・観光地: 港北ニュータウンの緑道を散歩することが好きです。
  • 出身地: 東京都
  • 趣味・特技: 音楽鑑賞、料理。共働きですので、野菜を中心とした家庭料理を作っています。「健康は食事から」です。

INFORMATION