インタビュー/とみた矯正歯科クリニック 青葉診療所

とみた矯正歯科クリニック 青葉診療所 富田 陽一 院長

とみた矯正歯科クリニック 青葉診療所富田 陽一 院長

矯正歯科を選択された理由と、これまでの経緯をお聞かせください。

郷里の新潟で父が、そして祖父が歯科医師をしておりました。歯科に興味を持ったことについては、そうした環境に育ったことが大きいでしょうね。ただ、矯正歯科については、実のところ学生時代にはそれほどの興味を抱いていなかったのです。というよりむしろ、何を専門とすべきか悩んでいたというのが本当のところでしょうか。ですので、大学を卒業後は基礎研究をすべく大学院に進んだのです。矯正に目が向くようになったのは、その後のこと。先輩から多くの影響を受けたこともありますし、矯正歯科の先生の元へ足を運ぶうち、この分野に興味を持ち始めたのです。矯正歯科の場合、患者さんとのお付き合いが長期に渡ります。つまりは年単位の治療。その長いスパンの中で、患者さんが変わっていくのを目の当たりに出来るところは一般歯科にない魅力と言えるかもしれません。身体そのものの成長もそうですが、矯正をすることによってお顔もまた変わっていく。その変化は劇的なものですし、鼻から下が変わることで、目も輝きだすことがあります。お子さんの場合、自信こそがすべてという部分がありますし、そこに関われるということは非常に素晴らしいことと思い、今に至っているということなのです。
『とみた矯正歯科クリニック』は、2008年にこの地(東急田園都市線・江田駅より徒歩3分)で開業を迎えました。場所を探すにあたってはもちろん色んなところを見て廻ったのですが、結局は自宅から最も近いところが候補地になったという形なのです(笑)。
この辺りは車で移動される方が多いですよね。そうなりますと、駐車場のあるなしは大きな問題となります。駅前ですとそれは難しい条件となるでしょうし、実際、お子さんを1人、2人と乗せていらっしゃる方が多いですね。

「予防矯正」という考え方にふれられていますね?

理想的な歯並びであり、咬み合わせにすることが矯正治療のゴールとするならば、その方法には多く分けて2つの考え方があります。大人の歯がすべて生えそろうのは早くて小学校5、6年生くらい。すべての歯が出てくるまで歯全部を治すことは出来ませんから、それを待って一気に治すというのが1つの考え方です。それに対し予防矯正とは、二期治療という考え方です。つまり、生えそろう以前に、悪いところを正しい状態に戻していきながら、生えそろった段階でまた仕上げの治療に掛かるということになります。
その2つの考え方において大きく違う要素が、あごの成長にあります。大人の歯が生えそろうくらいになりますと、あごの形や大きさといった骨格の成長もほぼストップします。当然、その時期までにあごの成長が好ましいものでない場合、骨格のひずみが歯並びに及ぶ可能性があるということなのです。予防矯正では、歯が出そろう前の、まだ骨がやわらかい成長途上にある時期に治療をおこない、成長のバランスやパターンを変えてあごの成長を好ましいものに誘導していくことが可能となるのです。

実際に矯正を始めるとすると、いつが最適なのでしょう?

当クリニックでは、矯正歯科と並行して小児歯科もおこなっています。ということは、歯並びが主訴ではない患者さんも多く訪れていらっしゃるわけであり、フッ素塗布をはじめとした予防措置をご希望される患者さんも少なくないのです。その方々の中には、何もせずとも自然に良い歯並びになる子ども達も多くいますし、逆に、「これは将来、好ましくない歯並びになりそうだ…」という子達もいます。長年子ども達の歯を見てきた経験から申しますと、歯並びの良し悪しは、2、3歳くらいからはっきりと分かれてくる傾向があります。その判断の目安はあごの成長にありますが、その時点であごの成長を悪くする素因が明らかな場合、そのひずみを除去していく治療が効果的な面があるのです。
一方、クリニックで矯正治療を始められる年齢としては、7、8歳が多い傾向にあります。それは大人の歯が出始めて、どんどん悪くなっていくことが容易に想像出来る点にあるのかもしれません。「矯正は早ければ早いほど良いの?」と思われる方がいらっしゃいますが、一概にそうとは申せません。その人その人の状態や状況を鑑み、その都度最適な治療方法を選択していくことが重要かと思っています。

大人の方で矯正治療を望まれる方も少なくないそうですね?

8020運動をご存知でしょうか。80歳を迎えた時に自分の歯が20本残っていることを良しとするもの。この運動の目的を端的に申しますと、その時点で20本の歯が残っていれば、入れ歯をせずとも一生を過ごせるということにあります。統計でチェックをしていきますと、8020運動を達成されたご年配の方のそのほどんどが、いわゆる不正咬合が認められないというデータがあります。反対咬合や出っ歯など、歯に掛かる負担が著しく高い咬み合わせが非常に少ないということですね。 私どものクリニックでも、50歳を越え、60歳を迎えられて矯正を始められた方もいらっしゃいます。見た目や審美的な欲求はもちろんですが、残りの人生を考え、負担が均等になるような咬み合わせにすることを望まれる方がいらっしゃるということなのです。

こちらでは、セットアップモデルを製作して治療の説明をおこなっています。これは治療を開始する前の段階で、たとえば、「前歯はこのように治っていくんですよ」ということを目で見てご確認いただくためのものです。これがあるとないとでは、やはり違うように思いますね。
『とみた矯正歯科クリニック』では、最新の審美歯科も取り入れながら、「美しく健康な歯」を目指した質の高い治療を提供していきたいと考えています。

最後に地域の皆様へメッセージをお願いします。

HPでは、歯並びの良い子に育てる「咬む機能の発達とチェックポイント」と題し、いくつかの例をご紹介しています。治療がまずありきではなく、治療に至らないための方法を一緒に考えていきたいものですね。最初にも申しましたように、美しい口元を持つことは、その後の人生に大きく影響してきます。その大切な歯をより良いものにし、また保っていくためのお手伝いを精一杯させていただければと考えております。

※上記記事は2015.3に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

とみた矯正歯科クリニック 青葉診療所 富田 陽一 院長

とみた矯正歯科クリニック 青葉診療所 YOUICHI TOMITA

とみた矯正歯科クリニック 青葉診療所 富田 陽一 院長 YOUICHI TOMITA

  • 出身地: 新潟県
  • 趣味・特技: 音楽、ゴルフ
  • 好きな映画: マンマ・ミーア、ドリームガールズ、レ・ミゼラブル

INFORMATION