松田クリニック 松田 州弘 院長 & 敬子 副院長

松田クリニック松田 州弘 院長 & 敬子 副院長

PROFILE

大学卒業後、呼吸器科を専門に研鑽を積む。幅広い症例に携わってスキルを磨き、「たまプラーザ駅」そばに開業。

医師を志したきっかけや、現在に至るまでの経緯をお聞かせください。

【州弘 院長】高校3年生の夏、東京大学で行われた高校生を対象とする講演会を聴きに行きました。その時の哲学の先生のお話に感動し、世のため人のために役に立つ仕事に就きたいと思いました。それまではロボット工学に興味があったので工学部へ進もうと思っていたのですが、講演会を機に、世のため人のために医師になろうと強く思いました。若い時は誰しも深い感銘を受けるとまっすぐにその道に進みたいと思ってしまうものですが私もまさにそうでした。(笑)
呼吸器科を選んだ理由は、若い時沖縄の病院にで研修していた事があるのですが、そこはアメリカ式の救急医療を行う、今でいうER型のどんな患者さんも診るという病院でした。そこで出会った、優秀なエネルギッシュな先生にとても感銘を受け、その先生の様になりたいと思ったのです。そして憧れからその先生が専門とされていた呼吸器科のドクターになろうと決めました。

【敬子 副院長】
実家が医者だったということもありましたが、高校生の時に今の東京女子医大を設立された吉岡弥生先生の本を読んだことが医師を目指すきっかけになりました。吉岡弥生先生は、医学を勉強され女医となり男尊女卑の時代に女性の地位を築かれた方です。そのお話を読んですごい人だったのだなあととても感銘を受けたんです。それまで化学が得意だったので漠然と理系へ進むのかなというくらいの気持ちだったのですが、その時はっきりと医者になろうと決めました。
そして、人命を救うのには救急の心肺蘇生が一番大事であると考え麻酔科を専門に選びました。その後開業するにあたって皮膚は内科の疾患にとても関連があると思い皮膚科の勉強をしました。

開業するにあたってこの場所を選んだ理由をお聞かせください。

結婚当初にこの美しが丘西に住んでいた事がありました。その後伊勢原に引っ越しましたが、開業しようとしてコンサルティング会社に相談したら偶然にもここを薦められたのです。懐かしいという思いと何か運命的な縁を感じ1999年、ここに開業することに決めました。開業当時はこの辺りはまだ野原で家もあまり無く、夜になると歩く足音が響く程とても静かなところだったんですよ(笑)。新婚当時に住んでいた家の近所の方がいまでは患者さんとして来てくださいます(笑)。

診察される上での心がけ、またやりがいを感じられるのはどんな時ですか?

【州弘 院長】常に問診を重視し、レントゲンなどはしっかり丁寧に見ます。患者さんの話には診断のヒントが隠れていますからね。常に人間は神様ではないのだからポカをする事もある、絶対にミスはあるのだと自分を過信しないように心がけて診察しています。ある意味、決して名医にならないことです。
必ず基本のプロセスを行い診断がついて、もしそれが悪い結果だったとしても病気が早期に見つかり患者さんが良くなられたとお聞きすると本当に嬉しいです。
「三日前に背中が痛かった」と当院に来られた患者さんがいました。その患者さんはまだ中学生だったのですが、おかあさんが病院へ行って来なさいというので一人で来ましたというのです。でも今はどこも痛いところがない。しかし、良く話を聞いてみると息を吸うと胸が痛いというので、その場で超音波検査と採血をしました。すると胸に水が溜っていて、血液検査でもある数値が異常に高いという結果がでました。早急に大学病院を紹介し診断の結果、初期リンパ性白血病でした。早期発見だったこともあり最近は元気そうにしていらっしゃいます。もしかしたらその時、今痛くないのなら様子を見てみましょうといって帰してしまっていたかも知れません。でも帰さなくて本当によかったと思います。

【敬子 副院長】
診察における心がけは院長と同じです。そして必ず自分でみて治療するということですね。皮膚に関して言えば一カ所一カ所を詳しく診る様にしています。
最近嬉しかった事は、戸塚にお引っ越しされた患者さんからお手紙をいただいたのですが、その中には今までの治療への感謝の言葉が丁寧に書かれていました。腰が痛くて当院でブロック注射をしたら歩けるようになったと喜んでいらっしゃったのですが、その手紙には最近また痛くて歩けなくなってしまった、近くの病院に行ってみたが思うように痛みが取れないという話も書いてありました。私はすぐに、「もし可能なら一度いらっしゃってください」とお返事を書きましたら、なんと戸塚から来て下さったのです。そしていつものようにブロック注射をしたら痛みも治まり、歩けるようになったと私の手を握って涙を流して喜んでくださいました。本当に嬉しかったですね。

禁煙外来のお話や、ご夫婦で診察されているメリットをお聞かせください。

禁煙外来では飲み薬やニコチンを含有したパッチを使用し、カウンセリングなどを行いながら喫煙者の方がニコチン依存症から抜け出せるように二人三脚で禁煙のお手伝いをしています。禁煙する上で一番大切な事は自分でどうして吸うのか、どんな時に吸ってしまうのか、どうしてやめたいのかをまず考えて頂くことです。そして喫煙の怖さをご説明しながら一生吸わないように頑張りましょうと応援します。私はタバコを吸いませんが、喫煙をやめる事の難しさも承知しています。禁煙を決めたら「今日は誕生日だから」などといって理由をつけたりして吸うことはできません。禁煙でお困りの方はぜひ一度ご相談にいらしてください。一緒にがんばりましょう。
メリットは自分の範疇外の疾患においてもその場ですぐに相談できる事です。そして、二人の意見が一致していたらほぼ間違いないですね。内科疾患でも皮膚に症状が出ている事は少なくないですから、その場で相談できるのが一番のメリットです。

最後に地域の皆様へメッセージをお願いします。

患者さんのお話しをじっくり聞くということが松田クリニックのスタイルです。これからも地域に根づいたクリニックとして、常に診療の精度を上げる為スキルアップしていきたいと思っております。また、開業当初から行っている往診についてもこだわりがあります。こちらも可能な限りずっと続けていきたいと思っています。
クリスマスシーズンにはクリニックのイルミネーションが綺麗なので、どうぞ見にいらしてください(笑)。

※上記記事は2010.12に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

松田クリニック 松田 州弘 院長 & 敬子 副院長

松田クリニック MATSUDA KUNIHIRO & KEIKO

松田クリニック 松田 州弘 院長 & 敬子 副院長 MATSUDA KUNIHIRO & KEIKO

  • 出身地: [院長]東京都 [副院長]神奈川県
  • 趣味・特技: [院長]絵、植物栽培、音楽鑑賞(主にクラシック)、クリスマスイルミネーション [副院長]スポーツ観戦、運動、愛犬の世話
  • 好きな本・愛読書: [院長]精神科医 香山リカさん著作物
  • 好きな映画: [院長]アラバマ物語、バック・トゥ・ザ・フューチャー、shall we dance? [副院長]HACHI 約束の犬
  • 好きな言葉・座右の銘: [院長]塞翁が馬 [副院長]一生懸命
  • 好きな音楽・アーティスト: [院長]クラシック(バッハ、ベートーベン、モーツアルトなど) [副院長]ポップス、東方神起
  • 好きな場所・観光地: [院長・副院長]タヒチ

INFORMATION